脱、自己愛性人格障害からの被害

他の自己愛性人格障害に苦しんでる人たちが、自分を取り戻せる助けになれればいいなと経験談も含めて綴ります。

出会い 自己愛と出会った頃

自己愛に出会った頃、ものすごく人の気持ちがわかる人だな、なんて思いやりのある優しい人なんだろうと感動した。

 

彼は器用で、仕草の一つ一つがカッコよくて、面白くて、見た目も私のドストライクだった。そして人を惹きつける力がすごい。人を退屈させない。注目されているのが彼に取って当たり前。現に皆んなが彼に注目する。

生まれ持ってのエンターテイナーだなと思いました。

 

 

彼の言葉にいちいち舞い上がり、私は彼に取って特別なんだって思いました。

運命の人かもとさえ思いました。(ある意味では運命の人でした)

そして、彼はモテたと思う。

でも、俗に言うヤリチンの類ではありませんでした。

自己愛の彼の目的は性欲ではなく、”モテる” ”注目を浴びる”事が目的であり、彼のエネルギー充電方法の様でした。

それが勘違いの痛い私は、”私は彼の特別、だって深い仲になる人は私だけじゃない?”と思う気持ちを大きくしました。

そして彼のLOVE BOMBによって深い深い罠にハマっていきました。

何かと言うと、大げさな愛情表現とでも言うのでしょうか。

正に彼は私の運命の相手と思わせる愛の言葉を沢山投げかけてきました。

 

そしてたまに両親の不仲のための悲しい生い立ち(事実か嘘かは不明)をポツリポツリと語る。

 

そんな話を聞いた私は『この彼を悲しみから救ってあげたい』と考えていました。はい。